部屋をセッティングする

世界の多くの国々では、個人向けの賃貸部屋には一通りの家具が備え付けられています。場合によっては食器類などの備品まで用意されていることもあるでしょう。

しかし、日本ではマンスリーマンションや民泊、ゲストハウスなどを除き、一般的な賃貸住宅では家具は一切用意されていません。そのまま”空の部屋”が明け渡されることになります。したがって、生活を始めるためにはそれなりの準備が必要となります。

1. 日本と欧米の部屋の違い

「ウサギ小屋」と形容されたように、日本の賃貸部屋は欧米の賃貸部屋と比べてはるかに小さいものが多くなっています。また、壁も薄く、特に格安の物件などでは音は隣の部屋に筒抜けとなります。東京は特に部屋の質が悪く、一方で家賃が高いという悪夢のような状況にあります。

その代わりと言っては何ですが、水回りは一般的な西洋の部屋よりも優れていると言えます。トイレやシンクのつまりなどは、よほど古い物件でなければ発生することはないでしょう。

部屋の狭さの割に家賃が高いのは主に首都圏だけです。地方都市であれば、関西圏であってもリーズナブルな価格でそれなりに大きな部屋に住むことができます。東京が肌に合わないのであれば、仕事や学業の都合次第ですが、地方に住むと生活の質は上がるでしょう。

また、最初に述べたとおり、日本の物件には原則として家具類は容易されていません。カーテンすらです。そのため、あなたが他の物件から引っ越してくるのではなく、初めて日本で生活をする場合は家具類を買い揃える必要があります。

2. 家具をそろえる

日本滞在を始めるにあたって十分な資金があるのであれば、思い思いの家具を買い揃えることができるかもしれませんが、資金が十分に多くない場合は、家具の調達は悩みの種となります。すべて新品で購入しようとすれば、かなりの費用になってしまうでしょう。

主に外国人の短期滞在者向けに家具のレンタルサービスを行っている業者を頼るのはひとつの方法です。決して割安ではないかもしれませんが、新品の家具を買いそろえるよりは安くなることが多いです。

また、在日外国人のコミュニティーを頼る方法もあります。大型の家具は処分するのに費用が発生することも多いため、日本を離れる外国人を見つけることができれば、格安や送料負担だけで譲ってもらえることもあります。

あなたが長期的に日本に滞在するのであれば、家具を買いそろえるのも手です。その際、ユーズドショップやインターネット通販を利用すれば、良品を格安で手に入れることもできます。

3. アパートやマンションのルールを守る

一般的に日本人は他の国の人に比べて静かに暮らす傾向があります。学生が多いマンションなどでは時に騒音もあるかもしれませんが、基本的には夜間などは騒音を立てないことが大切です。

日本では大勢の人を呼んでパーティーを行うような文化はあまりないので、パーティーを行う場合は特に注意が必要です。もっとも、シングルタイプの賃貸物件では狭すぎてパーティーを行うのは難しいかもしれません。

ゴミ出しなどのルールもしっかりと守りましょう。特に日本は諸外国よりも分別を細かく行う場合もあります。多くの場合は、ゴミ出しルールと何曜日にどのゴミを出せば良いかを記載したカレンダーを入居時に貰えるので、それを参考にすれば問題ありません。

また、日本人は欧米人ほど挨拶をしません。同じアパートの住民であっても、声を出して挨拶をしないことがあります。軽く会釈で済ます場合も多いのです。声に出して挨拶したのに、会釈で済まされたからと言って、悪気があるわけではないので心配しないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です