日本で絶対に訪れたい街ベスト10

日本という島国には、豊かな文化的伝統、古い神社やお寺、魅力的な庭園に、美しい山々の景色、芸者や茶道、旅館や趣のある宿から優れて近代的な高級ホテルまでさまざまな訪れるべき場所があります。

今回は日本の中でも絶対に訪れたい10の都市をご紹介しましょう。

1. 東京

第一位は何といっても東京です。日本の首都圏は、世界で最も人口の多い都市。超高層ビル群やハイテクを駆使した鉄道に、伝統的な庭園の春の桜や築地の魚市場まで、東京は神社からカラオケバーまで、古いものと新しいものを巧みに融合させています。エネルギーに満ち溢れた街の通りを歩いているだけで、活力を得ることができます。東京のペースに疲れてしまったときには、美しい新宿御苑でくつろぐのも一つの手です。

2. 京都

京都を一位にするべきか、東京を一位にするべきかはとても迷いますが、この二つの都市に序列をつけることは不可能でしょう。京都は、1000年以上にわたり日本の首都であり続けました。本州の中部に位置する人口150万人のこの街は、最高級の伏見稲荷神社や仏教寺院などの神社が数千もあります。7月の祇園祭は日本で最も見ごたえのあるお祭りの一つです。

3. 奈良

京都を訪れるのであれば、奈良も外すことはできません。実際、奈良は京都よりも古い首都であり、日本の最初の首都でもあります。かつては、平城京が存在していました。奈良は京都から約1時間のところにあり、日本で最も古く、最大の寺院が人気のある観光地です。特に東大寺は絶対に訪れるべき寺院のひとつで、敷地内を自由に歩き回る鹿でも有名です。

4. 広島

広島は日本の本州の西側、瀬戸内海に面した都市です。1945年8月6日の原爆投下という悲劇によって、おそらく世界で最も知られた都市のひとつとなってしまいました。平和公園、平和記念館、原爆ドームなど、平和に関するモニュメントはぜひ訪れたい場所です。しかし、悲劇にまつわる場所だけでなく、広島ならではの観光地もたくさんあります。

5. 鎌倉

ここで関東に戻りましょう。鎌倉は東京から1時間ほどで到着する神奈川県の都市で、かつて日本を100年の間支配した鎌倉幕府という武士の政権があった場所です。多くの寺院や神社があり、また太平洋に面した海辺のリゾート地でもあります。鎌倉で最も有名なのは、木々に囲まれた巨大な大仏像です。また、大仏に至る道にはさまざまなお店が集まっています。

6. 北海道

日本は東西に長い国ですが、北と南では自然環境も文化も大きく異なります。日本の最北の県である北海道は亜寒帯湿潤気候であり、本州とは生息する動植物が大きく異なります。自然が豊かであり、特に冬のスキーシーズンは日本人だけでなく、海外の観光客で賑わいます。東京や京都、大阪と言った定番の都市はすでに訪れたという方は、ぜひ訪れたい街の一つです。

7. 沖縄県

北海道を紹介したのであれば、沖縄も取り上げないわけにはいかないでしょう。日本の最南端に位置する沖縄県は見所の多い県ですが、本島だけでなく周辺の島々も魅力的です。中でも石垣島は沖縄の西に位置し、日本でも屈指のビーチがあります。石垣島を拠点にして、八重山諸島の他の島を探索するのも良いでしょう。北海道がウィンタースポーツなら、沖縄は海水用やダイビングと言ったマリンスポーツを楽しむことができます。

8. 群馬県

群馬県は北関東にある県で、東京からは2~3時間で行くことができます。群馬県の中でもぜひ訪れたいのは日光。日光は日本でも屈指の国立公園である日光国立公園の入り口となる街です。徳川家康の廟が非常に有名です。また、赤漆塗りの新京橋も見逃せないでしょう。美しい山々の風景に湖、滝や温泉に浸かる野生の猿など、アウトドアのアクティビティーを行うには最適です。どの季節に訪れても良いですが、特にオススメなのは紅葉の美しい秋です。

9. 石川県

石川県は日本海に面した街です。県庁所在地の金沢は昔ながらの街並みが残っており、古い時代の日本に思いを馳せるにはうってつけの街です。壮大な金沢城もぜひ見ておきたい観光スポットのひとつ。それから、あまり知られていませんが、石川県は化石が豊富に産出する地域でもあります。古生物学好きには博物館がたまらないでしょう。

10. 高知県

最後は四国の街をご紹介しましょう。高知県は四国の南部に位置する、太平洋に面した県です。四国の中央山塊によって隔てられているため、アクセスは容易ではありませんが、豊かな自然に恵まれた街です。特に海産物の美味しさは別格で、東京よりも遥かに安い価格で、より美味しいお刺身や鮨を食べることができます。特に県の魚でもあるカツオは一度は味わってみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です